コーヒーは健康に良い!?

コーヒーのイメージイラスト

コーヒーには抗酸化、抗炎症や抗線維化をはじめ、1,000以上の作用があるといわれています。

最新の研究で、コーヒーを1日3杯摂取する人では、摂取しない人に比べて死亡のリスクが17%低下し、心血管死および心血管疾患のリスクは19%、15%低下したことが報告されました。
また、がんについては、コーヒーを多く飲む人ではそうでない人に比べて前立腺がん、子 宮体がん、肝がんなどの有意な低下が見られ、がん全体では18%危険度が低下したそうです。

しなしながら、コーヒー摂取の良い効果はタバコを吸うと無くなってしまうようです。

また妊婦では、コーヒーの摂取量が多い場合、出生児の低体重が1.31倍、妊娠早期の早産は1.22倍、妊娠中期の早産は1.12倍と高くなります。

砂糖や脂肪分を含む乳製品が添加されると健康に悪影響が出ます。

PAGE TOP