肝炎ウイルス検診を受けましょう

採血のイメージイラスト

C型肝炎の次は、B型肝炎のお話です。

この病気はB型肝炎ウイルスが感染することで起こります。
急性肝炎を起こす場合と慢性肝炎に進展する場合があります。

慢性肝炎は肝硬変や肝がんに悪化することもあります。
現在日本では、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している人が110万~140万人いるとされ、そのほとんどが1986年の「HBV母子感染防止事業」実施以前の母子感染(垂直感染)、つまりB型肝炎キャリアのお母さんから赤ちゃんが感染した場合です。

輸血によってHBVに感染する方は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

大人の感染源のほとんどは、ウイルス保有者との性交渉、不潔な注射針の使用(薬物乱用等)、入れ墨やピアスなどによるもので、食べ物感染や皮膚接触感染、空気感染は通常ありません。

検診でAST、ALT異常を指摘された人、家族にB型肝炎ウイルス保有者がいる人、1985年以前に生まれた人、過去に大きな手術や輸血を受けた人、入れ墨を入れている人などは、肝炎ウイルス検診を受けましょう(公的無料検診があります)。

ウイルス陽性の場合は早めに御相談ください。

PAGE TOP