健康で長生きの秘密は 「長寿遺伝子」 !!

健康長寿のイメージイラスト

健康(幸福)で長生きはすべての人の願いですね。

その鍵を握っているのは長寿遺伝子です。
細菌から哺乳類までほとんどすべての生き物が長寿に関係する遺伝子を持っています。

その中で「サーチュイン」という遺伝子が注目されています。
これまでの研究では、この遺伝子が活発に働くと、動脈硬化が抑制され、糖や脂質代謝が改善され、アルツハイマー認知症が改善され、骨粗鬆症が改善し、全身の筋肉の減少が抑えられることが判っています。
老化のスピードが遅くなるんですね。

では、このサーチュイン遺伝子を活発に働かせるにはどうしたら良いでしょう?

まずは摂取カロリーを減らすことです。
空腹状態は遺伝子を刺激します。
1日必要カロリー(60kgの人なら2100kcal)の25%をカットして3週間で1.4〜4.6倍に活性化します。

さらに運動で、より活性化します。
逆に遺伝子が働かなくなる原因は満腹感、間食、特に甘いもの、夜食です。

日々の食事は腹七分目にして、間食や夜食は摂らず、毎日運動する。

これであなたは若々しい肉体を保って、長生きできます!!

PAGE TOP