喫煙すると認知症になる!?

認知症のおじいさんのイメージイラスト

今日は、韓国で実施された、喫煙の危険を証明する研究報告です。

60歳以上の男性4万6,140例を継続喫煙者、短期喫煙者(喫煙期間4年未満)、長期禁煙者(禁煙期間4年以上)、非喫煙者に分類し、8年間追跡し、認知症の発症状況を分析しました。

その結果、喫煙者は非喫煙者に比べ、アルツハイマー認知症のリスクが18%高く、脳血管性認知症リスクは29%高いことが判りました。
また長期禁煙者は脳血管性認知症リスクが32%低下することも判りました。

喫煙はがんや肺気腫の原因になりますが、認知症の原因にもなるようです。
吸っている人も禁煙すれば必ず良い事があります。

タバコは百害あって一利無し。
禁煙しましょう!!

関連記事

  1. タバコを吸っている人のイメージイラスト

    禁煙しましょう!!

PAGE TOP