肝臓・消化器内科

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸内視鏡検査が怖い方は、麻酔で眠って検査をうけることも可能です。ご相談ください。

腹痛や下痢、長期間の便秘、血便などの症状のある方、健診の便潜血検査で陽性になった方は、大腸の病気の可能性がありますので、大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

検査前日の夕食には消化の良いものを食べ、21時ごろまでに済ませて下さい。飲酒はお控え下さい。当日朝は絶食した状態で来院してください。飲んで良い水分は水だけです。牛乳はお控えください。

来院されましたら下剤をお渡ししますので、検査準備室にてお過ごし下さい。

お尻からカメラを入れ、まず肛門から大腸の一番奥まで進めます。カメラをゆっくり抜きながら大腸全体を観察します。20分ほどで検査は終了します。

【大腸内視鏡検査の料金目安 3割負担の場合】
初診検査料・採血など:
大腸内視鏡(検査のみ):
病理細胞検査(個数により異なります):
大腸ポリープ切除(日帰り手術):

PAGE TOP